旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 上野・清水観音堂 メニューに戻る

清水観音堂

 上野公園の南端、不忍池を見渡す崖の上に、朱塗りの大きな舞台の付いた華やかなお堂があります。これが、上野・寛永寺の堂舎の一つ、清水(きよみず)観音堂です。

寛永寺は、江戸時代初期の傑僧として有名な天海が三代将軍徳川家光の命により1625年に開きました。寛永寺開山からまもなく壮大な堂宇が相次いで建立されましたが、清水観音堂もその時期に建てられました。有名な京都の清水寺を模して、眺望のよい崖の上に建立されたとのことです。

その後、幕末の上野戦争の際には、彰義隊が寛永寺に立てこもって新政府軍と戦ったため、寛永寺の堂宇は根本中堂をはじめ大多数が戦火で焼失することになりました。
しかし清水観音堂は寛永寺の中心よりかなり離れていたため難を免れ、現在に至るまで江戸時代初期の観音堂の様式を伝えています。

清水観音堂の創建当時から周囲にはさまざまな種類の桜が植えられて、このかいわいは桜の名所になりました。下の写真右は、歌川広重作の観音堂の浮世絵で、花見客が舞台から桜と不忍池の景観を愛でる様子が描かれています。

清水観音堂 清水観音堂

下の写真は、観音堂崖下の動物園通りから観音堂の舞台を撮影したもので、朱塗りの大きな舞台がかなり高いところにかかっているのがわかります。桜のシーズンには、崖下から桜の花が舞台を覆い隠すように咲き誇ります。

なお、上の浮世絵を見ると、左側の不忍池が現在より面積が広く観音堂の崖下まで迫っているように感じられます。明治以降に不忍池の東岸を埋め立てて不忍通りを建設したので、現在では池の岸が観音堂からかなり離れた位置になったのでしょう。

桜並木

清水観音堂内部

 観音堂の舞台に上ると、長方形の形状、舞台の欄干などからこのお堂が京都の清水寺を模して造られたのがわかります(下左の写真)。寛永寺を開山した天海僧正は、境内にこのお堂以外にも京都の寺院を模していくつかの堂舎を造らせたそうです。

観音堂の本尊は平安中期の傑僧恵心僧都の作とされる千手観音坐像で、国の重要文化財に指定されています。この観音像は秘仏ということで、通常時は厨子の中に安置されており、毎年2月の一日だけ公開されるそうです。

このご本尊の脇侍として子育観音が置かれてあり、江戸時代から子授け、安産、子育てを願う大衆に信仰されてきました。また、それらの祈願が成就された信徒が人形を奉納したことから、本観音堂は人形供養のお寺としても有名です。

清水観音堂の舞台 清水観音堂内部

不忍池を望む

 清水観音堂の舞台に立つと、眼下に不忍池が広がり、その中央、池の中之島にある弁財天堂に向かって道がまっすぐに伸びているのが見えます(下の写真)。

江戸時代には寛永寺の境内は非常に広大で、不忍池全体が境内の中だったそうです。
天海僧正は、不忍池を琵琶湖に見立て、琵琶湖の竹生島を模して不忍池に中之島を築かせました。竹生島には弁天堂がありますが、不忍池・中之島にもそれを模して弁天堂を建立しました。その後、弁天堂を正面に望む東側の崖上に清水観音堂を建立したのでしょう。その当時は中之島に渡る橋はなく、小舟で池を渡って弁天堂に行ったということです。

桜並木

秋色桜
秋色桜

 観音堂の前には井戸があり、シーズンにはそのあたりが花見客で賑わいました。
元禄のころ日本橋小網町の菓子屋の娘お秋が花見に来て、次の俳句を詠みました。

  井戸ばたの
      桜あぶなし
          酒の酔   秋色

この俳句が江戸中の評判となり、やがてはお秋の浮世絵まで作られたとか。お秋は長じて宝井其角に弟子入りし、 秋色の俳号を得て有名な俳人となりました。左の写真は、観音堂の前にある秋色桜の句碑です。

正岡子規の句碑

 清水観音堂の少し北の道路端に、小さな赤鳥居が多数連なった参道があります(下の写真左)。それを通って下に降りると、花園神社、五條天神社という二つの神社があります。五條天神社の鳥居の近くに、俳人正岡子規の句碑がありました(下右の写真)。

  みちのくへ
    涼みに行くや
          下駄はいて 正岡子規
  秋風や
    旅の浮世の
          果知らず  正岡子規

子規が27歳のころ、松尾芭蕉など先人の後を追ってみちのくの旅に出るときに詠んだ俳句だそうです。この年の2月、子規は上野の北、上根岸の借家に引越しましたが、その家が子規が35歳の短い生涯を終えるまでの棲家になりました。

花園神社 正岡子規の句碑

正岡子規記念球場

 正岡子規は、東大在学中は大学から近い上野公園の空き地でよく野球を行いました。また上根岸の子規庵に住みついてからは、上野公園の各所を散策するのが多くなりました。
それで、子規は上野公園での散策、野球を詠んだ俳句を多数残しています。

下左の俳句は子規29歳のときの作ですが、上野公園の野球グラウンドに入る道を詠んだものでしょうか。このころ子規は持病の脊椎カリエスが悪化し、床に就くことが多くなりました。その病床で真夏の野球グラウンドを思い出してこの句を作ったのでしょう。

  草茂み
    ベースボールの
          道白し  正岡子規
  五月雨や
    上野の山も
          見飽きたり 正岡子規

その後も子規の病状は悪化の一途をたどりました。上右の俳句は、子規が35歳で亡くなる1年ほど前に詠んだものです。「上野の山も見飽きたり」とありますが、そのころの子規は上野公園を散歩することもできなくなり、ほとんど病床の中で過ごしていたのです。
梅雨のころ、子規庵の庭にしとしとと降る雨を見ながら、病状が回復して上野の山を歩けるようになるのを願ったのでしょう。その願いもむなしく、子規は翌年9月に最後の俳句「糸瓜三句」を残してこの世を去りました。

上記のように子規は自身が学生時代に熱心に野球をしただけではなく、大学を卒業して新聞記者になってから盛んに野球の記事を書き、日本全国に野球を紹介しました。現在、広く使われている「直球」、「四球」、「死球」、「打者」、「走者」などの野球用語は、大部分が子規の和訳になるものだそうです。
その功績により、子規没後100年の2002年に子規と縁が深かった上野公園に「正岡子規記念球場」という野球グラウンドが開設されました。清水観音堂から歩いてわずか5分ほどのところです。球音の響く球場入口には、子規の 「春風や まりを投げたき 草の原」 という俳句の句碑が置かれてあります。

トップページ メニューに戻る