旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 呑川親水公園 メニューに戻る

 国道246線を渋谷から外側に向かい、東急田園都市線桜新町の近くにくると、道路の左側に小川が伸びていて、その両側に桜の大木が並んでいます。
これが、「呑川親水公園」です。呑川は、もとは、世田谷区、目黒区、大田区の3区にまたがるかなり大きな川だったとのことですが、その流域があらかた都市化したことにより、現在では川の大部分が暗渠になっています。

「呑川親水公園」の部分では、その暗渠の上部に1kmほどにわたって小川をつくり、そこに下水の高度処理水という大変きれいな水などをポンプで流しています。都心に近い住宅地としては数少ない緑豊かな水辺となっています。

小川の源流
小川の源流

 国道246線沿いの歩道のすぐ下に、左の写真のように下水処理水の放水口があり、そこからポンプで小川に流し込んでいます。

国道246線の上には高速道路もあり、自動車の騒音が激しいのですが、そのすぐ横から昔の小川のような流れが始まります。

小川の川原にはススキなどの野草、水草が茂っており、また小川の中には大きな鯉や小魚などが泳いでいるのも見られます。

桜の並木をはじめ、周囲の住宅地にも木々が多いので、このあたりでは小鳥もかなりの種類が観察できるそうです。

呑川の桜並木

 その小川の両側にソメイヨシノの大木の並木が伸びており、その下に石畳の遊歩道が設けられています。毎年春の桜のシーズンには、呑川の川筋に沿って見通すかぎりの豪華な花のトンネルができ、遊歩道には桜を愛でる人々がひきも切らず通ります。

小川の両側の遊歩道は、自動車の通行も少なく、のんびりと桜の花を見上げながら歩いていても心配はありません。

    紅(あか)らみし
        桜のつぼみ
            水に映えて

桜並木

呑川のあやめ

 桜並木は、春、花が散るのと同時に若葉が芽生えます。その明るい若葉の時期が終わると、瑞々しい葉桜が呑川とその両側の遊歩道をおおっておい繁ります。

小川の中や川原にはあやめが植えられており、毎年このシーズンには、川筋に沿って黄色や紫の花を一面に咲かせます。あやめの花の中を小川の水が流れ、その水に乗って水鳥たちが花の間に見え隠れしながら泳いで行きます。

呑川のあやめ

夏の桜並木

 やがて盛夏になると、桜並木は繁った葉が重なり合って、下の写真のように小川と遊歩道は陽光がほとんど遮られた状態になります。小川の上は緑のトンネルとなり、涼しい風が桜並木の葉を揺らして吹きぬけます。

    緑陰の
        小川の上は
            風の道
夏休みに入った子供たちが、桜並木の中で捕虫網でせみをとったり、小川の川原に下りてザリガニを探したりしています。

夏の桜並木

冬の桜並木

 日ごろ目にする樹木の中で、秋になってもっとも早く黄葉するのは桜だそうです。ここ吞川の桜並木も、10月以降、次第に葉の数が減って黄ばみはじめ、11月末には下の写真のようにほとんど葉がなくなって小川の水面に太陽の光が直接当たるようになります。

地域のボランティア活動のおかげでしょうか、遊歩道の岸辺や川原にはさまざまな潅木や草花が植えられており、この時期にも花を楽しみながら散歩することができます。

夏の桜並木

小川の水鳥たち

 この小川には、カルガモ、ガン、オシドリなど、各種の水鳥がたくさん住み着いています。また、多摩川、大井埠頭、不忍池など東京の水辺に住んでいる水鳥たちが、ここに飛来することもあるそうです。

春先には水鳥たちのヒナが誕生し、ピヨピヨと鳴きながら親鳥のあとを一生懸命追っかけて小川の水面を泳ぎまわります。

渡り鳥の仲間は、春先にシベリアなど北の繁殖地に帰るのが普通ですが、東京の渡り鳥は、食餌が豊富で天敵も少ないため、渡るのを忘れて住み着くものも多いそうです。
    残る鳥
        落花を退けて
            えさを食む

カルガモちゃん

遊歩道は続く
遊歩道は続く

 桜並木の間を流れてきた小川の水は、駒沢通りに達したところで小川の下に流れる呑川の暗渠にまた流れ込み、呑川親水公園の小川は消滅します(左の写真)。

この地点以降は、呑川暗渠の地上はかなりの部分が樹木や潅木、草花の植えられた遊歩道となっており、「呑川緑道」と呼ばれます(下の写真)。

その呑川緑道も相当な長さがあり、歩いてなかなか楽しい部分が多いそうです。
これについては詳しく研究した方がいらっしゃいますので、こちらのホームページをじっくりご覧ください。

カルガモちゃん

トップページ メニューに戻る