旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行


トップページ 都立園芸高校 メニューに戻る

 世田谷区深沢の住宅地に、東京都立の園芸専門高校があります。この近くには電車の駅が少なく、生徒の皆さんはJR目黒駅や二子玉川駅からバスで通っている人が多いようです(所在地 深沢5−38−1)。

このような大きな園芸専門高校が、深沢の住宅地の真ん中にあるのが面白いところです。考えてみるとこれは話が逆で、昔はこの辺は広大な畑作地域であったのが次第に宅地化し、その中で園芸高校だけが昔のままで残ったということでしょう。

園芸高校の入口

 現在園芸高校になっている場所には昔は兎々呂(ととろ)城というお城があったということで、校内は大変広く変化に富んでいます。園芸技術習得のための庭園、花壇がたくさんあり、また温室などの園芸施設も数多く設置されています。

野菜を栽培する広い畑もあり、ときおりトラクターで耕作しているのを見かけます。

高校の正門からイチョウの巨木の並木が一直線に続いており、夏にはその木陰を涼しい風が吹き抜けます。そのイチョウ並木のずっと奥に園芸高校の校舎が見えました。

イチョウ並木の近くには、美しい梅林があります。5月の末にここを訪れたときは、梅の枝に青い実がたくさんなっているのが見えました(下右の写真)。この梅林も、生徒さんたちの園芸実習の対象なのでしょう。

入口の並木道 梅林

校内の園芸施設

 さすがに園芸専門高校だけあって、温室などの実習設備が充実しています。実習をしている生徒さんたちの邪魔にならないように、温室の入口や外からのぞきましたが、ポピーなど草花のほかにナス、きゅうりなど野菜の苗も育てているようです(下左の写真)。

実習庭園の一角にハーブ類を集めた庭園があり、「園芸療法モデルガーデン」と書かれたボードが立っていました。これも、ストレスの多い現代に対応する園芸の新しいテーマの一つでしょう(下右の写真)。
   緑風に
       いやしの庭の
           香りあり

ビニールハウス内 園芸療法モデルガーデン

日本庭園

 校内にはフランス庭園、日本庭園など、いくつもの立派な庭園があります。ウィークデイには、高校の玄関にある受付で届けを行えばこれら庭園の見学をさせていただけます。

日本庭園は二つあり、いずれも築山、庭池などを配した本格的なものです。冬のシーズンにはこの庭園で雪よけの園芸実習を行うようで、下右の写真のように松の木の周りにつり縄がしてありました。

校内には桜の木もたくさんあり、春の開花のときは見事な景観になってたくさんの見学者で賑わいます。日本庭園にある庭池の周りにはソメイヨシノの大木が並んでおり、低く垂れている枝越しに緑が濃くなった日本庭園を見渡すと、世田谷の春本番が実感されます。

日本庭園 日本庭園

バラ園

 校内の南向き斜面には広いバラ園が設けられてあり、年に一度5月に一般開放されます(そのほかの日でも、受付で届けをすれば見学はできます)。生徒さんたちが丹精こめて育てた約200種のバラは、世田谷区で一番ではないかと思います。
ノイバラのような地味なつるばらが多いのが目に付きました。品種改良に利用したり、接木の台に使うのでしょうか。これらはほかのバラ園ではほとんど見ることはありません。

今回見学させていただいたときは、下の写真のように、バラがちょうど咲きはじめたところでした。この時期には、開いた花は花びらにくずれがなく、刻んだようにきりっとしています。
    画角もとめ
        バラをめぐりぬ
            二度三度

バラ バラ

ポピーの畑

 バラ園の近くには、可愛らしいポピーが咲いている畑がありました。私どもが家庭で栽培するものとは品種が違うのでしょうか、花が大きくて立派でした。これらポピーの花もやはり咲き始めたばかりで、さまざまな花の色が実に鮮やかでした。
花の下の茎や葉も、私どもの家のものよりずっと大きくて丈も高く、緑のじゅうたんのように広がっていました。

    赤黄白
        ポピー浮かべり
            葉の海に

本校の生徒さんたちは、このような素晴らしい環境で園芸の技術を習得できるのですから、大変恵まれていると思います。

ポピーの畑

園芸高校のホームページ?

 さまざまな方々が本ウェブサイトのメールボックスにご感想、ご意見をよせてくださっています。つい最近、この園芸高校の近くに住んでいる女性の方からメールが届きました。

どうやら本サイトをこの園芸高校のホームページと間違えたようで、「園芸高校の生徒さんたちが、登下校の際ジュース缶などを道に捨てて困るので、指導してほしい」という内容でした。本サイトの名前は「実りのとき」なので、園芸高校に関係あると思ったのでしょう。

その翌日、この方は、本ウェブサイトが園芸高校とは関係がないのに気がついたらしく、「昨日は、見当違いのメールを差し上げて失礼しました」というメールを送ってきました(^_^)。

トップページ メニューに戻る




-->