旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行

トップページ 奈良・東大寺 メニューへ

東大寺の参道
東大寺の参道

 東大寺は、奈良を代表する古刹の一つで、開山以来1300年の歴史を誇ります。
奈良市東部にある広大な奈良公園に隣接しており、近鉄奈良駅から市内循環バスで行くのが便利です。

バスを降りて奈良公園の方向に歩き始めると、すぐに巨大な門が見えてきました。これが東大寺の正門南大門で、東大寺大伽藍の正面の延長直線上に建っています。

現在の建築は鎌倉時代に再建されたもので、天竺様式を伝える数少ない建造物の一つとして国宝に指定されています。

世界遺産
世界遺産東大寺

 東大寺は、1998年12月に「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されました。
南大門に至る参道に、登録の記念碑が立っていました。
奈良公園の鹿たちがここまで来ていて、観光客にしきりに食べ物をねだっていました。

お釈迦様の説法には鹿も耳を傾けたとのことで、鹿は仏教に縁があるとされます。

京都の金閣寺は、正式の寺名は北山鹿苑寺(ほくざんろくおんじ)といいます。これは足利義満の法号からとったものとのことですが、やはり仏教が始まって以来の鹿との縁が感じられます。

東大寺南大門
東大寺南大門

 参道を歩いて南大門の前に着きました。南大門は横幅29m、高さ25mの巨大な木造建築で、山門としては日本最大ということです。門の前に立って屋根を見上げると、完全にあごが上がってしまいます。

門の柱は太さが2m以上で、建物の最上部まで通し柱になっているということです。大学の建築学の先生が、学生たちをここに連れてきて見学させるそうです。

この南大門の両側には、鎌倉時代の高名な仏師運慶が刻んだ巨大な阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の金剛力士像が置かれています。

東大寺中門
 南大門を通ってさらに進むと、壮麗な東大寺中門が見えてきました(下の写真)。東大寺金堂(大仏殿)に入るための門で、入母屋造、二階建ての楼門になっています。

現在の建物は江戸中期の18世紀初めに再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。現在は中門は通常閉じており、参拝者は中門に接続されている回廊の南西端にある入口から入場します。元旦とお盆のときは中門が開かれて、参拝者はそこから無料で入場できるそうです。

東大寺中門

東大寺金堂(大仏殿)
 中門回廊入口から中に入ると、目の前に巨大な金堂(大仏殿)がそびえていました。
東大寺は、奈良時代の728年に聖武天皇の皇太子の菩提寺として建てられたのがはじまりだそうです。やがて、聖武天皇は全国に国分寺を建立するように命じ、東大寺を大和国の国分寺に定めました。

当寺は、大乗仏典の一つ「華厳経」の思想を中心とする仏教宗派華厳宗の総本山です。聖武天皇はその後743年に大仏造立の詔を発し、華厳宗において絶対的な仏とされる盧舎那(るしゃな)仏の巨大な像を当寺に置くように命じました。

747年から大仏の鋳造が開始され、それが終了して大仏開眼会(かいげんえ)が執り行われた後、大仏殿の建設工事が始まったそうです。

東大寺金堂(大仏殿)

 中門の内側から大仏殿を見ると、ともかくその大きさに驚きます。高さ49メートル、間口57メートル、奥行き50メートルで、世界最大の木造建築物だそうです。ご本尊の盧舎那仏は金銅製で高さは15メートルもあるとのことです。

長い歴史の間に、この大仏殿は二度にわたって戦火で焼け落ちました。現在の建物は江戸時代の18世紀初めに再建されたもので、高さと奥行きは天平時代の創建時とほぼ同じで、間口は創建時の三分の二ほどに狭められているとのことです。

従って、天平時代の創建時にはこの大仏殿は現在の1.5倍の横幅があったことになり、当時の偉容がしのばれます。大仏および大仏殿の建立は、ようやく国家の形が整ってきた日本の威信をかけた大国家プロジェクトだったのです。

東大寺正倉院
 正倉院は、東大寺の長い歴史の間に蓄積された什器宝物などを収蔵する倉庫で、大仏殿の北西に位置しています。間口約33メートル、奥行約9メートルの巨大な建築物で、収蔵品を湿気から防ぐために高さ2.5メートルの高床造りになっています。

建物の壁面は、校木(あぜぎ)という断面が三角形の木材を垂直方向に積み重ねた校倉(あぜくら)造と呼ばれる構造になっています。正倉院は、倉庫らしい非常にシンプルな建築ですが、間口の広さ、高床、校倉造などがあいまって堂々たる存在感を示しています。

東大寺正倉院

正倉院には、創建者聖武天皇とその皇后光明皇后のゆかりの品々など多くの美術工芸品が収蔵されていましたが、現在ではそれらの宝物は空調を施された鉄筋コンクリート造の宝庫に移されています。

1946年以降は、宝物類の曝涼をかねて毎年秋に奈良公園内にある奈良国立博物館で正倉院御物特別展が開催されるようになりました。

東大寺三月堂
東大寺三月堂

 大仏殿の東、若草山の麓に位置しています。正式には法華堂という名称ですが、ここで毎年旧暦三月に法華会が行われるので三月堂と呼ばれます。

東大寺が天平に創建されたときの堂宇の一つで、国宝に指定されています。

三月堂は、優れた仏像が多数安置されているので有名です。特に本尊の不空羂索観音立像は、天平仏像の中でも指折りの名作とされ、国宝に指定されています。高さが3.6メートルもある巨大な乾漆像で、宝石で飾られた華麗な宝冠をつけています。

上記本尊不空羂索観音立像の両脇には「日光・月光(がっこう)菩薩立像」が置かれています。これらも天平彫刻の代表作として有名で、ともに国宝に指定されています。
両仏ともに2メートルを超える塑像立像で、現状はほとんど白色ですがもとは華やかに彩色されていたといわれます。

東大寺二月堂
 三月堂の北、高い石段の上に、「お水取り」で有名な東大寺二月堂があります。正式には東大寺観音堂といい、現在の建物は江戸初期の1669年に原型どおり再建されたものだそうです。周囲に広い回廊をめぐらせた巨大な建築物で、西側の回廊からは奈良市内が一望できます。

旧暦の2月1日〜14日にこのお堂で「修二会(しゅにえ)」という行事が行われてきたので、二月堂と呼ばれるとのことです。修二会とは、このお堂の本尊十一面観音に自らの過ちを懺悔して祈りを捧げる法要で、1200年間一度も絶えることなく行われてきました。

現在では修二会は3月1日〜14日に行なわれています。この近くに若狭井(わかさい)と呼ばれる井戸がありますが、そこから本尊十一面観音にお供えする閼伽水(あかみず)を汲み上げることから、「お水取り」と呼ばれます。

東大寺二月堂

修二会の期間は、毎晩「お松明(たいまつ)」が行われます。回廊の上から、巨大な松明が下に参集した群集に向けて打ち振られ、火の粉があたりに飛び散ります。この火の粉を浴びると本年一年の無病息災が得られるとのことで、回廊の下の参拝客は落ちてくる火の粉をとらえようと盛んに手を伸ばします。

東大寺二月堂
二月堂の回廊

 二月堂の向かって右側の大石段を登り、二月堂の中に入りました。本尊十一面観音は秘仏ということでお目にかかれません。

回廊をめぐって西向きの回廊に出ました。二月堂は東大寺構内東側の高台にあるので、ここから大仏殿をはじめ東大寺の各堂宇が見渡せます。また、はるか遠くに奈良の市街も望むことができます。

2週間ほど前には、回廊の下にはお水取りを見る群衆がひしめいていました。その群衆の頭上に、この回廊から大松明の火の粉が飛び散っていったのです。

若草山
若草山

 東大寺二月堂・三月堂のさらに東側に広がるこんもりした山が、若草山です。この山は三笠山とも呼ばれています。
東大寺の万灯供養会は毎年8月15日に催されますが、その日にこの若草山で大文字送り火が行われます。
奈良の市街からはるか遠くの若草山の山腹に巨大な大の文字がくっきりと浮かび上がってみえるそうです。

また、例年1月の末には若草山山焼きが行われます。古都奈良の春を告げる行事として、観光客やカメラマンの人気を集めています。私どもも一度は見たいと願っています。

  トップページ メニューに戻る