旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行

イタリア

スペイン

フランス

ロシア

オーストリア

オランダ

イギリス

アメリカ

羽田国際線

 文学・俳句
   野煙る

 海外・国内旅行
   旅景広々

 世田谷だより
   憩いのとき

 堅実長期投資
ゆったり投資塾

トップページへ空白
シーザーの跡

whats' new
空白
―――――
写真画像集
空白
実りの食
空白
―――――
ブログ
空白
憩いのとき
空白
―――――
リンク
空白
メール
空白

  最新のページ


 システム修復ディスク 2017/03/30 I T
 シーザーの跡を訪ねて 2017/02/28 文学
 ヴァティカン美術館 2017/01/30 美術

姉妹サイト 「実りのときブログ」、「実りの食」に、この時期の記事を多数掲載しました。

  トップページの写真 ヴァティカン美術館

 数年前の3月初め、イタリア・ローマに旅行した際、ローマ市内を中心に ジュリアス・シーザー の跡を訪ねました。

ジュリアス・シーザー(イタリア語ではカエサル)は、紀元前46年に任期10年の独裁官に就任し、ローマ共和制は事実上シーザーの独裁政治となりました。

ここに至って、キャシアスを始めとする共和主義者たちは長年維持されてきた共和制が崩壊するのを恐れ、シーザーの寵愛するブルータスをも説得して仲間に引き入れて、シーザーの暗殺を謀議しました。

古代ローマの遺跡フォロ・ロマーノにある凱旋門の横の丘を登って行くと、奥の方に岡に囲まれた低い場所があります。そこが古代ローマの議事堂の址とされます(上の写真)。
 シーザーが議事堂に着くと、まずキャシアスが短刀でシーザーを刺しました。倒れたシーザーに、謀議者たちがさらに次々と短刀をふるいました。

瀕死のシーザーがブルータスが一味に加わっているのを見ていったのが、「ブルータス、お前もか」の名せりふです。

シーザーの盟友アントニーは軍を起こし、ローマ郊外フィリッパイの野でキャシアス・ブルータス軍と対峙しました。

翌朝の決戦で、キャシアス・ブルータス軍はアントニー軍に大敗を喫し、ブルータスは自害して果てました。

   春浅き
       古都にシーザー
         しのびおり


  木蓮の花

木蓮の花  北国では春になると梅も桜も同時に咲くそうですが、関東では梅の花が散りかけてから桜が開花するまで、一ヶ月近い時間があります。
寒さがなお残るその浅い春に華やぎを見せる数少ない花が、こぶし、木蓮です。

千葉県の私の生家には白木蓮の大木があり、毎年この時期、豪華な白い花を木いっぱいにつけ、弥生空を覆うばかりでした。
その白木蓮の大木を仰ぎ見て、私は、子供心にも気品のある白い大きな花に感動したものでした。
それ以来、現在にいたるまで、私は白木蓮、紫木蓮が大好きです。

この春先の時期には強い風が吹くことがよくありますが、白木蓮の花は、サイズが大きいだけに、その強風で損なわれやすいのが悲しいところです。風で花びらがもまれると、肉の厚い花びらが茶色に変色して、見るも無残な姿となってしまいます。

このために、例年、木蓮の見事な花を観賞できる花期が長くないことが多いのです。夜、家の外で強い風の音がすると、木蓮は大丈夫だろうかと心配になります。

     風やみて
          散りし木蓮
               惜しみけり

  大型犬の断耳

大型犬の断耳  近くにある都立駒沢公園は犬を連れて入場できるため、様々なワンちゃんが見られます。

遠くに褐色の犬がいましたが、その耳が、白く光っているように見えました。耳だけ白い犬というのはあるだろうかと不思議に思い、近寄ってみると、断耳したあとを白いテープでバンデジしてあるのがわかりました。

その犬は、ドーベルマンの仔犬のようです。ドーベルマンは、警備犬、警察犬、軍用犬などに使用される大型犬ですが、仔犬のうちはまだ体が小さくかわいいものです。

 大型犬のうちボクサー、ドーベルマンなどは、生後2ヵ月〜3ヶ月の時期に 「断耳」 をすることで、その後耳をピンと立たせることができます。断耳の手術をした後は、しばらく上の写真のようにテーピングをしてその術部を保護します。

     花寒や
        断耳のテープ
           白き犬

このように、飼い主の意向だけで仔犬にひどく痛い思いをさせるのはどんなものかという論議が、最近高まっているそうです。ドーベルマンという犬種が生まれたドイツでは、現在、断耳、断尾とも禁止されたとか。日本でも、最近は耳が少したれたかわいらしい姿のドーベルマンをよく見かけるようになりました。

  メールをお待ちします

 俳句や短歌、連句など短詩の愛好者、デジタルカメラ写真画像集を目当てにいらっしゃった方々、音楽や美術のファンなど、さまざまな方々が本サイトのメールボックスにご感想、ご意見をよせてくださっています。今後ともぜひメールをいただければ幸いです。

旅行・観光 ランキング

 人気ランキング


  
  楽天トラベル

  旅行・ホテル

  出張・チケット