旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

海外旅行

トップページ ヴァティカン美術館 メニューへ

ヴァティカン美術館

 私どものイタリア旅行初日にヴァティカンのサンピエトロ寺院に行きましたが、美術ファンとしてはヴァティカンにはまだヴァティカン美術館とシスティーナ礼拝堂が残っています。

これまで私どもは、ルーブルでもメトロポリタンでも美術館はガイドなしで自分たちだけで歩いて鑑賞してきました。しかし、このヴァティカン美術館は少々様子が違うようです。
なにしろ総面積が42,000平方メートルもあり、古代エジプトから現代までの莫大な数の美術品が収蔵されています。また、建物のつくりが複雑で中で迷うことが多いそうです。

おまけに内部は非常に混雑するため、スリが多数暗躍しているなどとおどかされました。スリたちは、入場料10ユーロをちゃんと払って入場し、十分元をとるのだそうです!。
ということで、今回は旅行会社の 「ヴァティカン美術館半日観光」 というオプショナルツアーに参加することにしました。

ヴァティカン美術館 門
ヴァティカン美術館入口

 ツアーの料金も一人7000円と手ごろです。私どもが宿泊したホテルの近くにあるメトロポールというホテルの前から、朝早くマイクロバスで出発しました。
ホテルからローマ市内を西に向かい、昨日と同じようにテヴェレ川にかかる橋を渡ってヴァティカンに入ります。
美術館に着くと、入り口にはもうすでに長い列ができていました。入口の上から、ミケランジェロ(左)とラファエロ(右)の彫像が私どもを見下ろしています。どちらも、サンピエトロ寺院やヴァティカン美術館との縁が深い大芸術家です。

ジョットー
ジョットーの名画

 入口から入るとすぐのところに、テレビや美術の教科書などで何度も見たことのあるジョットーの名画がありました。ジョットーは1266〜1337年とのことで、ダビンチより200年ほど前の人ということになります。
この美術館では、フラッシュをたかなければカメラで撮影してよいそうです。しかし、ときどきフラッシュを焚いている人がいました。

ヴァティカン
宗教画、中世美術

 今回のツアーのガイドは中年の日本人女性でしたが、大変美術に詳しい方で、美術館、システィーナ礼拝堂の絵画、彫刻の一点一点を詳しく解説をしてくれました。

私も長年美術を愛好してきたので、ルネッサンス以降の作品はたいてい知っています。しかし、宗教画、中世美術にはあまりなじみがなく、今回解説してもらって有益でした。

左の写真の美術もよく教科書などで見るものですが、実物を見ると金色と赤の壮麗さに感激するのみでした。

聖母子像
聖母子像

 少し歩くと、私どもにとってこれまでテレビや美術書で見てきてなじみのあるルネッサンス期の名画が多数現れてきました。

この聖母子像は、ラファエロ作だったかと思います。しかし作者がだれでもかまいません。神々しいほどの名画です。

聖母の表情の自然さ、優しさにおもわず引き込まれます。イエスのほうも、愛らしい幼児としてごく自然に描かれています。

聖母の赤いドレスと青いガウンの鮮やかさが、実に見事です。この名画の前にしばしたたずんで、見入っていました。

キリストの変容
《キリストの変容》

 少し先に、レオナルド・ダ・ビンチの未完の絵画 《聖ヒエロムニス》 がありました。
未完におわったのにはさまざまな理由があったようですが、ともかく現在ローマにはレオナルド・ダ・ビンチの作品はこの一点しかありません。

左の写真は、あまりにも有名なラファエロ作 《キリストの変容》 です。ヴァティカン美術館の大看板の一つです。
イエスは、自身の死と復活を予告した後、弟子のペテロ、ヤコブ、ヨハネを連れて高い山に登って祈りました。
すると、やがてまばゆい光芒に包まれ、旧約聖書の中の預言者モーセとエリヤが現れて、イエスと語り合ったとされます。
ラファエロは、35歳のときにこの大祭壇画に着手しましたが、完成が真近くなったころ熱病にかかり、37歳の若さでこの世を去りました。一部未完成の部分はラファエロの弟子が仕上げたということです。

カラバッチオ
カラヴァッジョ 《埋葬》

 イタリアの画家カラヴァッジョの見覚えのある絵画がありました。その題名は、英語では "Deposition"と書かれてあったので、日本語では 「埋葬」 あるいは 「埋葬式」 ということになります。

カラヴァッジョは、ダ・ビンチより約100年後、バロック期にミラノに生まれた画家です。若いころ殺人事件を起こして国を追われるという波乱の生涯をおくりました。
最近、この謎の多い画家をモデルとして映画が制作されましたが、ご覧になった方も多いと思います。

この 《埋葬》 のように、ドラマティックなテーマを強烈な光の効果を利用して強いコントラストで描いた作品が多く、バロックの初期でひときわ重要な位置を占める画家です。

この作品の強烈な演出効果は、後世のフランスロマン派の画家ドラクロアと通ずるものを感じさせます。

《アテネの学堂》

 このヴァティカン美術館を代表する作品となると、やはり下図のラファエロの傑作 《アテネの学堂》 ということになるでしょう。大天才ラファエロが弱冠27歳のときの作品で、ヴァティカン美術館の 「署名の間」 の壁全体を占める大作です。

巨大なアーチの下の学堂で、中央の二人のうち、左側は古代ギリシャの哲学者プラトンで、天を指差して「イデアの世界」を示しています。これはラファエロが尊敬したレオナルド・ダヴィンチをモデルとしているとされます。

アテネの学堂

一方中央右側の人物はプラトンの弟子アリストテレスで、手で地を指し、経験主義の理念を示しています。こちらはミケランジェロをモデルとしているといわれます。
ラファエロの、これら2人の大天才に対する深い敬意がここに見られます。また、作者ラファエロ自身も、画面左端の人物として登場しているそうです。

トップページ メニューに戻る