旅行

文学

美術

音楽

宗教

パソコン

旅行

イタリア

スペイン

フランス

ロシア

オーストリア

オランダ

イギリス

アメリカ

羽田国際線

 文学・俳句
   野煙る

 海外・国内旅行
   旅景広々

 世田谷だより
   憩いのとき

 堅実長期投資
ゆったり投資塾

トップページへ空白
旧音楽学校奏楽堂

whats' new
空白
―――――
写真画像集
空白
実りの食
空白
―――――
ブログ
空白
憩いのとき
空白
―――――
リンク
空白
メール
空白

  最新のページ


 旧音楽学校奏楽堂 2018/01/30 音楽
 犬吠埼灯台 2018/01/01 旅行
 静嘉堂文庫美術館 2017/11/30 美術

姉妹サイト 「実りのときブログ」、「実りの食」に、この時期の記事を多数掲載しました。

  トップページの写真 旧音楽学校奏楽堂

 東京藝術大学の前身東京音楽学校は、1890(明治23)年に上野公園北側の地の新校舎に移転し、その後日本の音楽教育の中心として演奏家、音楽教育者など多数の人材を世に送り出しました。

新校舎の中央部分に置かれた奏楽堂は、日本最古の木造洋式音楽ホールで、音楽学校での練習、発表の場として長く使用されてきました。

昭和59年に旧奏楽堂は解体され、その後奏楽堂各部に使用されていた部材を整備したうえ上野公園内北端、東京都美術館の北側に移築されました。

旧奏楽堂は、この地に移築されてからは、明治の音楽文化を現代に伝える貴重な文化遺産として一般に公開されています。
 旧奏楽堂の音楽ホールは階段教室のような造りになっており、客席は旧奏楽堂の二階から入ります。

旧奏楽堂は、西洋音楽ホールの建築設計技術、音響設計技術が日本にはほとんどなかった時期に、少数の先覚者たちが試行錯誤しつつ創建しました。

旧奏楽堂の席数は338で、現在では台東区の運営により小規模な演奏会や音楽発表会に盛んに使用されています。

旧奏楽堂は、音楽関係者の熱心な運動により1988(昭和63)年に国の重要文化財に指定されました。
  熱演に
      寒さを忘れ
          聴き入りぬ

  猫の梅見

猫の梅見  近くにある都立駒沢公園にはかなり大きな梅林があり、毎年みごとな花を咲かせます。その中でもとりわけ開花が早い梅の木が二本あり、いち早く梅のシーズンがきたことを教えてくれます。

久しぶりに駒沢公園にいったところ、それら二本の梅の木がすでに満開に近い状態でした。
昨年は比較的暖冬だったので、梅の花はかなり早く咲きました。今年は東京地方でも23pの積雪があったなど厳しい寒さが続いていますが、ここの梅はそれにめげず、元気に開花したようです。
今年もここの梅の花を見て、春が近づいたのを実感することができました。

 その梅の木の下で、大きな猫を持ち上げて梅の花を見せている女性がいました。
しかし、猫ちゃんのほうは梅の花にはあまり関心がないようで、あらぬほうをきょろきょろ見ています。猫に小判というわけでもないでしょうが、やはり梅の花よりペットフードのほうがほしいのでしょうか。

    梅見より
      ペットフードが
        ほしい猫

でも猫ちゃんも、飼い主さんに謝意を表しているのか、梅の花の下で犬のようにしっぽを盛んにふっていました。

  犬とダンス

犬とダンス  二月も半ばを過ぎて陽の位置がかなり高くなり、晴れた日には最高気温が10度を大きく上回ることが多くなりました。

家の近くにある都立きぬた公園には大きな広場があり、犬などのペットを自由に遊ばせることができます。最近は、うさぎ、ハムスターやフェレットもよく見かけます。

大きな黒い犬を連れた男性が、近くにきました。犬はスタンダード・プードルのメスのようで、ご覧のように、頭の先からしっぽまで毛を面白く刈り込んで、頭には赤いリボンをつけていました。

 スタンダード・プードルは、トイ・プードルとは違ってご覧のように体が大きく、犬が立ち上がって飼い主に甘えると、飼い主の身長に近くなります。

リボンをつけたワンちゃんが、飼い主さんとダンスをしているように見えました。

    リボン付けし
        犬とダンスの
            冬日向

  メールをお待ちします

 俳句や短歌、連句など短詩の愛好者、デジタルカメラ写真画像集を目当てにいらっしゃった方々、音楽や美術のファンなど、さまざまな方々が本サイトのメールボックスにご感想、ご意見をよせてくださっています。今後ともぜひメールをいただければ幸いです。

旅行・観光 ランキング

 人気ランキング


  
  楽天トラベル

  旅行・ホテル

  出張・チケット