■まずはSD ZAKUのデジカメ撮影をしましょう。
 
照明を工夫したり、モデルと抜きやすくする為に背景にも気を使って撮影。
撮影後はPhotoshopで色調、レベル補正を行います。
■モデルを背景から分離後、スタンプツールやブラシツールでモデルの繋ぎ目や表面未処理の部分を修正していきます。
 
どちらも根気の要る地味な作業ですが、ここを簡略化してしまうと完成後の見栄えに大きく影響してしまいますから気合で乗り切りましょう!
■私が必ず行うモデルへのカラーリング及びシャドー、ハイライト、ウエザリング処理です。
 
レイヤーをガンガン積み重ねてモード、不透明度を様々に駆使していく非常に楽しい時間です。
 
とは言え、レイヤーが多い時には20枚を超えることもあるので、メモリーとの勝負でも有ります。
■毎度のことながらマーキングも別途にスキャンし、合成していきます。ただ最近はマーキングの多いモデルも増えたので全てとは行かなくなりました・・・
 
第一段階終了の為モノアイの点灯をしてイメージの確認をします。
■最近必ず手を加えている「3D」による加工を追加していきます。「Shade」は慣れてしまえば非常に扱いやすく重宝しています。

レンダリング時間を極力減らす為、最低限のテクスチャー処理で行っています。
■最後に背景とモデルを合成して、各種のエフェクトを行い完成です。
□ZAKU MAKING は V.M.G 2001 SUMMER CD に掲載した記事のダイジェストです□