「超時空要塞マクロス」はタイムリーでTVを見ていたもっとも印象に残るアニメだった気がします。
 
 戦闘機がロボットに変形する斬新なアイデアや、リアルに描かれていた「戦闘シーン」に釘付けでした。
 
 とは言え、「リン・ミンメイ」に惹かれたのも事実かも・・・知れませんが・・・
 新作「マクロスゼロ」の劇中で活躍するロイ・フォッカーの搭乗機、VF-0Sは今最もCG化したいモデルNO1である事は言うまでもありません。
 「MACROSS PLUS]の出会いは、某社のコンテストがきっかけでしたが、ストーリーはともかく、久々に「大満足」の作品に出会えました。
 
 こちらのモデルも「もちろん」発売日から即効で製作し、CG化・・・「熱かった」です。

 「V.M.G」のサイトでは飽き足らずに、「MACROSS」オンリーのサイトを立ち上げ中です。
 
「MACROSS ISM」は、現在進行中の「MACROSS ZERO」もCG化しています。
 
「マイブーム MACROSS」は今しばらくは、終わりそうも無いです!!